若ハゲの予防と対策

若ハゲの予防や対策

予防・改善・対策まとめ

このページの内容は若はげの原因を知ると
深く理解できます。

 

5αリダグターゼの働きを抑制させることで抜け毛対策に!

 

自分で対策する方法は
ハッキリ言って育毛剤を使うしか方法がないのですが、
育毛剤の中に配合している成分が
5αリダグターゼの働きを抑制します。

 

5αリダグターゼの働きを抑えることにより
抜け毛予防につながりますよ。

 

■5αリダグターゼの働きを抑制する3つの成分

 

 

■これらの成分が入っている育毛剤を使えば確実に抜け毛が減るのか?
カミオくんが調べたことですが、
これらの成分が入っているからと言って
100%抜け毛対策になるわけでもないです。

 

5αリダグターゼの働きを抑制する確率は、
どの育毛剤でも約7割強ほど。

 

残念ながら100%ってわけにはいかないようです。

 

まあ7割強も抑制させれば
ジヒドロテストロンの働きも7割減るって考えれるので
使わないより使ったほうが抜け毛対策になると思います。

 

生活習慣の改善が「予防」につながる!?

 

生活習慣が悪いと若はげになるのか?って言うと
そんなこともないのですが
生活習慣によってハゲる原因もあります。
(つまりどんなハゲにも該当する。)

 

僕が思うに、
ハゲる原因は1つでも潰したほうが
改善につながりやすくなると思ったので
あえて生活習慣のことも書きました。

 

ではさっそく。

 

■禁煙
タバコを吸うとビタミンが壊されるので
髪を生やす細胞(毛乳頭など)に
必要な栄養が行き届かなくなります。

 

詳しくは

タバコを吸うとなぜハゲるのか?

 

■睡眠時間が少ない
睡眠時間が少ないとハゲる原因になります。

 

詳しくは

寝不足がなぜハゲるの?

 

■精神的ストレスをためる(常にイライラ)
「ストレスをためるとハゲる」はよく聞きますよね。

 

実際のところストレスをためると
やっぱりハゲる原因になりますよ。

 

詳しくは

ストレスで抜け毛になる原因と対策

 

■できれば軽い運動を
運動すると筋肉が強くなったり維持できたりしますし
血行促進にもなります。

 

それに精神的ストレスも発散できます。

 

無理した運動は逆効果ですが、
自分の好きな運動をする分にはデメリットがないと思います。

 

継続しなければ0に逆戻り・・・

上で書いた生活習慣は継続しなければ意味がありません。

 

今の生活スタイルから慣れるまでが苦労しますが、
慣れたら意外と楽になります。

 

■継続させたほうがいい根拠
聞いたこともあるかもしれませんが、
髪にはヘアサイクルと言って寿命があります。

 

詳しくは→絶対に知っておきたい「ヘアサイクル」

 

ヘアサイクルのことを考えると
最低でも半年は続けたいですね。

 

若ハゲの予防と改善・対策の順序

1.生活習慣で予防

2.アミノ酸シャンプーで頭皮環境をよくする(予防と育毛の下準備)

3.育毛剤で改善

1.2.3を同時に継続

トップへ戻る