薄毛と食事

薄毛と食事がなぜ関係あるか?

偏った食事はハゲの原因に!

ジューシーな肉

 

髪を生やすためには栄養が欠かせません。

 

食事=栄養なので、
食べ物と薄毛は大きく関係してきます。

 

とは言え、

 

食事が偏っている人でも
髪がふさふさな人もいれば
ハゲている人もいるので、
食事だけが薄毛に関係するとは限らないんですけどね。

 

ハゲる原因の恐ろしいお話「なぜ俺達はハゲるのか?」

 

ただ、

 

遺伝やストレスを抱えている場合など、
ハゲやすい条件を満たしている人や
すでに薄毛が進行している人は
食事に気を使ったほうがいいですよ。

 

バランスのいい食事は、
体の中から頭皮中の細胞に
栄養を取り入れることができるので
発毛効果が期待できます。

 

血液から栄養が運ばれて頭皮の細胞に届くから。

 

逆に栄養がないと
頭皮中の細胞が活性化ません。

 

最悪の場合、
細胞もろとも死滅に至る場合があります。

 

人間で例えると、
栄養失調状態が続き、
最後には餓死するということです。

 

こういったことから
食事と薄毛は関係します。

 

食事を改善するだけで
髪が生える確率はグンと上がりますし
実際に生えた人は多くいますよ。

 

ただ、毎日の食事管理は難しい人もいると思います。

 

そんな時はやっぱりサプリが一番!

 

僕なんかは育毛サプリのチャップアップで、
髪に必要な栄養を手軽に補っています。

 

サプリのほうが太る心配もないし、
なんも考えなくていいのでカンタン(^^♪

 

チャップアップサプリ

 

 

はげ予防の食べ物

 

■大豆類
納豆や豆腐・豆乳など

 

大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。

 

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので
男性ホルモン抑制につながります。

 

男性ホルモン(テストステロン)が抑制されると
抜け毛予防にもつながりますよ。

 

DHT(ジヒドテストロン)とは

 

デメリットは男らしさがなくなり性欲も減退。

 

とは言え僕は納豆や豆腐は大好きで
ほとんど毎日食べてますが、
実際、男らしさがなくなって
性欲減退するってことは今のところないです。

 

はげに効果的な食べ物はこれ!

 

■トウガラシ

 

トウガラシの成分には
カプサイシンというものが含まれています。

 

例えば、一味唐辛子などピリッとする辛いものを食べると
カプサイシンが胃の知覚神経を刺激してくれるんですね。

 

胃の知覚神経が刺激されると
それが脳に伝達して育毛に欠かせないIGF-1が増えます。

 

IGF-1は髪の毛のもとになる細胞分裂を促すので
髪を伸ばすのに非常に役に立ってくれます。

 

 

■キムチもおすすめ。

 

ピリっと辛いもので知覚神経を刺激することから
甘口はおすすめできません。

 

できれば辛口にしたほうがいいですよ。

 

トップへ戻る