シリコーンとノンシリコーン

シリコーンとノンシリコーンの違い

偽りの美しさと本物の美しさ+抜け毛効果について

こんにちは、薄毛のカミオくんです。

 

シリコーンとノンシリコーンの違いやシャンプーのこと、実際に使った感想なども織り交ぜて全部記述しています。

 

シリコーン

メリット

  • 指通りがよくなる

 

デメリット

  • その場しのぎ
  • 髪に浸透しない
  • ダメージ補修なし
  • シリコンが毛穴に詰まる可能性がある
  • →髪が育ちにくくなる

 

シリコーンシャンプー(コンディショナー)を使うと指通りがよくなって髪がサラサラになった気分がしますよね。でも専門家曰く、その場しのぎにすぎないようだ。髪をしっかりと補修するなら、髪にしっかりと浸透させないとダメージの修復はできないからだ。

 

目先のことを考えるとメリットがあるが、後先のことを考えると何一つメリットがないことがわかる。

 

ノンシリコーン

メリット

  • 天然
  • 髪にしっかりと天然成分が浸透するからダメージが補修できる
  • 髪本来のハリ・ツヤが取り戻せる
  • シリコーンがないからシリコンによる毛穴詰まりがない

 

デメリット

  • 髪がきしむことがある

 

ノンシリコーンシャンプーが抜け毛対策になる理由

上述したとおりノンシリコーンはシリコーンがないという意味なので、シリコンによる毛穴詰まりがなくなります。毛穴詰まりがなくなると髪の成長を害する要因が1つなくなるので、ヘアサイクルが整い、抜け毛対策になると考えられるわけです。

 

※抜け毛になる原因は他にも色々あるので、ノンシリコーンシャンプーを使えば万全ってことではないです。

 

詳しくは→なぜ俺達はハゲるのか?

 

アミノ酸シャンプーに使われていることが多い

ノンシリコンタイプはだいたいアミノ酸シャンプーに使われていることが多い。

 

アミノ酸シャンプーなら低刺激で洗い上がりもいいので、頭皮環境がよくなり、抜け毛対策や育毛改善にもつながります。

 

※育毛効果があるわけではない。頭皮が健康なら髪の毛が育ちやすくなる環境が整うから育毛改善につながるという理屈の意味です。

 

実際に使ってみて実感したこと

実際にノンシリコーンアミノ酸シャンプーを使ったら髪が若干きしむものの、髪のツヤとハリが劇的に変わった。とくにツヤがハンパなくなって髪がとてもきれいに見えるようになった。友人から「髪のツヤがすごい」と言われたときはうれしかった。

 

ノンシリコーンシャンプーはコンディショナーが要らないものが多い。なので若干きしむことはあるが、普通の薬局に売っている安いシャンプーを使うと髪がギシギシになる。ハッキリ言って雲泥の差があると実感しました。

 

目先のことを考えるとシリコーン入りのシャンプーがいいと思うが、根底から改善したいならノンシリコーンシャンプーでじっくり改善したほうが天然になり髪本来の美しさを取り戻せるはずだ。

 

実際に効果があった男用のノンシリコーンアミノ酸シャンプー

INZEALシャンプーとモンゴ流シャンプーEX。

 

カミオくんの頭皮は乾燥肌・敏感・皮脂が気になる感じですが、モンゴ流シャンプーEXはとくにフケ・皮脂改善につながった。さらに髪のツヤもでたしハリもでました。今まで使っていた市販シャンプーや他のアミノ酸シャンプーに比べて効果はバツグンでした。

 

抜け毛に関してはそこまで実感がなく、「最近抜け毛が減ったかな?」って感じだが、頭皮改善ができていると言うことは理屈的に抜け毛対策になっているので今でも使っている。

 

詳しいことはカミオくんの体験レビューページで記録している。

 

まとめ

  • 短期→シリコーン(その場しのぎ)
  • 悪く言うと偽りの美しさ。長持ちしない。

     

  • 長期→ノンシリコーン(効果が出るまで時間がかかる)
  • 本質なので「美しさが1日持続する」とか関係なく美しさが継続。

 

ノンシリコーンは効果がでるまで時間がかかると書きましたが、僕の場合は2日で効果(ツヤ)を実感しましたよ('ω')ノ

 

個人事だが、人間本来の髪質のほうが天然に近づくと思うので、美しさは天然ノンシリコーンで取りもどすのが得策と思う。

トップへ戻る