チャップアップとプランテル

チャップアップとプランテルを比較解析!<完全版>

M字型ハゲに特化した育毛剤と薄毛全般的に使える育毛剤

薬用プランテルとチャプアップを合わせた画像

 

こんにちは、薄毛のカミオくんです。

 

薬用プランテルとチャップアップの違いと効果を
比較してわかりやすくまとめました。

 

ではさっそく本題に。

 

 

 

■薬用プランテルの特徴
薬用プランテルのボトル画像

 

  • M字型ハゲ男性用育毛剤
  • 発毛促進
  • フケ・かゆみ抑制
  • 頭皮の保湿
  • 生え際・頭頂部の抜け毛対策

完全にM字型はげ用の育毛剤。
でも、頭頂部用としても使えます。

 

生え際・頭頂部にはU型5αリダクターゼが
集中して存在しているんですね。

 

プランテルにはヒオウギエキスという成分が入ってますが
この成分がU型5αリダクターゼを抑制させてくれます。

 

U型5αリダクターゼを抑制できれば生え際・頭頂部に集中する
脱毛物質のジヒドロテストロンが少なくなると考えられますよね。

 

これにより生え際M字型・頭頂部の最大の抜け毛対策ができます。

 

あとは血行促進・育毛成分のセンブリエキスなどで
髪を生やすと言うのがプランテルの特徴です。

 

プランテルにはセファランチンが使われているので
円形脱毛症の人にも直撃すると思います。

 

薬用プランテルの育毛力を確認する

 

 

 

■チャップアップの特徴
チャップアップ育毛剤のボトル画像

 

  • 男女兼用育毛剤
  • 育毛促進
  • 血行促進
  • 毛穴の炎症防止

チャップアップはプランテルのように「M字型はげに特化」といった
何らかの薄毛のタイプに特化している育毛剤ではありません。

 

ただ、抜け毛対策はチャップアップのほうに利があると思います。

 

なぜなら、

 

5αリダクターゼを抑制する成分が
4種類も使われているからです。
(プランテルと同じヒオウギエキスのほか、オウゴンエキスなど。)

 

育毛に関してはプランテルとそんなに差はないと感じですが
チャップアップは血行促進と頭皮の炎症に強い気がします。

 

センブリエキス・ジフェンヒドラミンHCで育毛・血行促進を目指し、
さらに血液サラサラに欠かせない
13種類のアミノ酸成分が入っているからです。

 

ついでに、、、

 

グリチルリチン酸も使われているので
かゆみや炎症などの副作用が心配な人でも安心して使えそうです。

 

結論、AGA・M字・頭頂部・若ハゲ・20代〜60代の薄毛に対応。
多くのハゲに対応した男女問わずの育毛剤です。

 

「最近ちょっとハゲてきたんじゃないかな。。。」って思う人や
「なんとか薄毛を治したいな」って思う人用で、
年代と性別関係なく使えるスタンスの育毛剤がチャップアップ。

 

幅広い年代に使えますが、
その中でも特に40代に圧倒的人気の育毛剤ですよ。

 

→チャップアップの育毛力を確認する

 

どっちが効く育毛剤か?

これは「人による」のでなんとも言えませんね。

 

口コミ評価でも効果があるないは
どちらの育毛剤でも人それぞれ。

 

評価も悪くない育毛剤というのも確か。

 

ただどちらかと言えば薬用プランテルのほうが評判はいいです。

 

とは言え、やはりその人のハゲかたにもよると思いますし、
チャップアップの評判もわりといい感じの育毛剤となっています。

 

ほんとにこれだけはなんとも言えないです。

 

もしどちらかで迷った場合は、
あえて単純化すればカンタンだと思います。

 

M字・生え際・頭頂部の集中タイプの薄毛なら薬用プランテル。
AGA・頭全体的のハゲを改善したいならチャップアップですね。

 

M字型ハゲ専用の薬用プランテル
薄毛タイプ問わずのチャップアップ

 

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

トップへ戻る