はげの原因を網羅!【AGA・若ハゲになるのはなぜ?】

はげの原因を網羅!【AGA・若ハゲになるのはなぜ?】

若ハゲ・年齢による薄毛の”原因”がわかります。

こんにちは、薄毛のカミオです。

 

 

ハゲる原因は大きくわけて「5つ」あります。

 

  1. 男性ホルモン
  2. 遺伝
  3. 加齢
  4. 生活習慣

 

 

・男性ホルモンでハゲるのはなぜだ?

 

若ハゲから年配の方まで男性ホルモンに関わります。

 

 

はじめに男性ホルモンの特徴を“リアル化”すると・・・。

 

 

 

  • 精力が強い(活発)
  • 性欲が強い(スケベ・女好き・ドS傾向)
  • オナニーは日課(おサルさん)
  • 髭が濃い・ボーボー(ヒゲトマン)
  • 時に攻撃的な面がある。

 

 

 

「あっ、オレあてはまる」」って思った人は男性ホルモンが多いまたは活発の可能性あり!

 

 

 

「スケベは男のロマンだ、それでハゲたっていいじゃないか。」

 

A.C.2017 薄毛カミオ

 

 

そして、男性ホルモンは薄毛の原因となる“厄介者”と変身するのだ。

 

 

さて、ここから少し専門的なお話になる。

 

「男性ホルモンが活発だとなぜ厄介なのか?」

 

 

そもそも頭皮中には「5αリダクターゼ」という物質が存在しています。

 

そして男性ホルモンも頭皮中に存在します。

 

 

そしてなんと!

 

 

5αリダクターゼと男性ホルモンはくっつくのです!
(いよっ!スケベ!)

 

くっついた後は「脱毛物質」に変身しやがります。
この脱毛物質のことを「DHT(ジヒドロテストロン)」といいます。

 

 

 

 

5αリダクターゼ + 男性ホルモン = DHT

 

 

 

 

つまり、男性ホルモンが多いとDHTが増えて頭が脱毛を起こすということです。
(ちなみに髭の場合は濃くなりヒゲトマンになる。)

 

だから男性ホルモンの影響でハゲると言われているんですね(^^)

 

 

ちなみにDHTでハゲることをAGA(男性型脱毛症)と言います。

 

 

補足ですが、5αリダクターゼは1型と2型があります。
基本的に1型と2型は男性ホルモンと結合してDHTになります。

 

1型5αリダクターゼは基本的に皮脂腺に存在するものなので、頭皮の脂が気になる人でハゲはじめている人はこれに該当する可能性があります。

 

2型5αリダクターゼは基本的に前頭部・頭頂部に多く存在すると言われ、最近では20代・30代の男性も多くなってきたと言われています。いわゆる若ハゲと呼ばれているものです。

 

つまり、脂が気にならない人で前頭部から頭頂部が薄くなってきてる人は2型5αリダクターゼと男性ホルモンによるDHTのAGAに該当する可能性があります。

 

1型と2型を説明した理由は、それぞれのタイプで薄毛の対策方法が変わるからです。

 

なので自分がどっちに当てはまるのかをよく把握すると対策方法が見つかりやすくなります。

 

  • 脂+AGAのDHT対策 → 脂と1型5αリダクターゼの抑制など
  • 若ハゲ・AGAのDHT対策 → 2型5αリダクターゼの抑制など

 

詳しい対策は別ページでまとめています。

 

次に遺伝でハゲる原因を書いていきます。
遺伝による薄毛は一般的にも知られていますね(^^)

 

 

 

・遺伝ではげる

 

遺伝の原因というか、遺伝でハゲることは確かなのでそのままの意味になりますね。

 

ただ、遺伝でハゲるのも確率次第になるようですよ。

 

例えば親が太っていて子が細い、子供が大きいのに親が小さいなど、遺伝の影響があまりないパターンもあります。

 

薄毛もそれと同じで、親が薄毛だからといって必ずしも子がハゲるとは限らないと医学的には言われています。

 

ただ、やはり遺伝は遺伝。

 

親から受け継ぐパターンは全然あります。

 

さきほどは親・子の大きさが違うパターンもあると書きましたが、同じパターンもありますよね。

 

親とだいたい背が同じ。
体型も同じ。

 

もちろん背が同じとか体型が同じだからと言って頭皮も同じとは限りませんが、親と同じ個所がハゲてきはじめていたら遺伝でハゲる可能性があるわけです。

 

わかりやすく書くと、

 

「なんか俺、親と同じ感じがするな〜」と思ったら遺伝の可能性があります。

 

これについては将来ハゲ確定といっても過言ではないのですが、一日でもハゲるのを遅らせる方法はあります。

 

遺伝によるハゲの進行はいかに日ごろ予防するかがポイントになります。

 

詳しい対策については別ページでまとめているのでそちらを参考にしてみてください。

 

遺伝でハゲる原因は以上です。

 

 

 

・加齢と薄毛の関係

 

髪を育てる細胞に「成長因子」というものがあります。

 

この成長因子が年齢とともになくなっていくんですね。

 

すると、薄毛がどんどん深刻化するパターンになってきます。

 

成長因子は自然に増えるものじゃないのが厄介。

 

対策は育毛剤などで補うか病院クラスになってきます。

 

次に生活習慣でハゲる要因を書いていきます。
超大事な部分なのでしっかり把握したほうがいいですよ(^^)

 

 

生活習慣でハゲる要因は5つあります。

 

  1. タバコ
  2. 食べ物
  3. 睡眠
  4. ストレス
  5. 運動不足

 

それぞれの意味を順番に書いていきます。

 

 

 

・タバコでハゲるわけ

 

タバコは毛細血管を縮小させますし、髪の栄養に必要なビタミンをぶっ壊します。

 

そもそも髪を生やすには髪に栄養を与えるのが必須になってきます。

 

専門的かつ正確に言いかえるならば、毛細血管から運ばれる栄養を毛乳頭に運んで毛乳頭を活性化させ毛母細胞の分裂により毛乳頭から髪を空へと押し上げるということです。
本来、髪が生えると言い方ではなく、毛乳頭が髪の毛をおしあげてくれているのです。だから毛乳頭を活性化させることは超重要なんですね。

 

まあややこしいので、「髪を生やすには栄養が必要」と考えておけばOKです。

 

で、タバコの話にもどりますが、

 

さきほどタバコは髪の栄養ともいえるビタミンを破壊すると書きました。

 

ビタミンを破壊すると、当然、髪に栄養が運ばれませんよね。

 

そして毛細血管を縮小させるとも書きました。※以下、毛細血管を「血管」と省略します。

 

血管が細くなると栄養が運ばれにくくなります。

 

車で例えるなら、4車線道路のところが1車線になるようなもんです。
すると車が詰まって渋滞を起こしてなかなか進みませんよね。

 

血管もこれと同じような感じで、当然栄養が運びにくくなります。

 

さらにビタミンもなしとなればどうやって髪に栄養を与えて生やすというのでしょうか。

 

これがタバコでハゲる原因になります。

 

でも、「タバコ吸ってても髪がフサフサな奴はいるぞ」と疑問をもちますよね。

 

ハゲる原因はタバコだけではないのでなんとも言えないところです。

 

親がフサフサで毛乳頭が常に活性されている人はハゲないのだろうし。

 

しかしこの項目を読んでいるということは、薄毛・ハゲに対してなにか懸念してるものがあると思いますので、タバコを吸っている人は少しずつ本数を減らして最後は禁煙者になるのがハゲ予防につながります。

 

対策は別ページで書いています。

 

 

 

・食べ物と薄毛の関係

 

基本的に食べ物でハゲるというのは考えにく話です。

 

本来、食べ物とハゲの関係は、栄養の偏りにより血行が悪くなるとかそんな感じです。

 

それからタバコの項目で髪には栄養が必要と書きました。

 

髪に必要な栄養とは、ビタミンであったり亜鉛・その他色々であったりします。

 

ビタミン・亜鉛などが不足すると髪に必要な栄養がいきわたらなくなるので、毛乳頭の活性化が悪くなるのでしょうね。

 

そういった意味で栄養の偏りはハゲると考えてもらったほうがいい感じです。

 

なので、これを食べたらハゲる・あれを食べたらダメとかは基本的になく、いかに栄養バランスを整えて、ビタミン・亜鉛など、髪に必要な栄養を摂るかがポイントになってきます。

 

簡単な話、食事の偏りはダメってことですね。

 

対策は別ページでまとめています。

 

 

 

・睡眠とハゲの関係

 

髪と成長ホルモンの関係になってきます。

 

成長ホルモンは髪を生成させる土台的なものになるます。(成長ホルモンが細胞の活性化を手助けさせると思ってください。)

 

そして成長ホルモンは寝てるときに分泌するんですね。

 

分泌する時間は寝てからおよそ3時間後がピークと言われています。

 

しかし深い眠りが条件です。
成長ホルモンは深い眠りで3時間後に大量に分泌すると言われています。

 

なので眠りが浅いとあまり意味がありません。

 

浅い眠りとは、例えば、夜、ねーちゃんのいる店にいってお酒をたくさん飲んで夜遅くに寝ることです。

 

その場合、気分はいいのですが、酒の量が多いと眠りが浅くなると言われています。
良く寝れたと思っても実は眠りが浅いのです。

 

さらに夜の店にいった場合、帰りが遅いので寝る時間も遅いと思います。

 

例えば2時に店を出て、かえって寝る準備をしたら3時ごろに。

 

そこから起床が6時30とかだったらどうでしょう。

 

成長ホルモンは分泌されないですよね。(眠りも浅いのでとくに。)

 

今回は綺麗なねーちゃんのお店の例で書きましたが、一人宴で夜更かしする場合も同じようなものと考えてください。

 

ちなみに「ねーちゃん好き」ってことは男性ホルモンも強い可能性がありますね!

 

男性ホルモンが強く夜遅く寝る人にとってのヒントにもなったかと思います。

 

詳しい対策は別ページでまとめています。

 

 

 

・ストレスと抜け毛

 

ストレスでハゲる意味は、ストレスを受けると筋肉が収縮して、血管も縮小するからと医学的に言われているからです。

 

ここまですべての項目に目を通した人ならもうおわかりのように、血管が細くなると髪に栄養が行き届かなくなりますよね。

 

そのため、毛乳頭が活性化しなくなり、髪が成長する前の段階(髪が細い段階)で抜け落ちてしまうからと考えられます。

 

毛乳頭が活性化しないと髪は成長しない。
本来髪の最終形態は太くしっかりしたものです。これが中途半端な状態だと髪が細くヒョロヒョロになります。

 

そしてストレスの影響により最終形態になる前に抜け落ちてしまうので、抜け毛が増えてハゲるというわけです。

 

 

 

・運動不足でハゲる意味

 

ようするに血行の関係です。

 

適度な運動で血行がよくなるのは説明するまでもないですね。

 

日ごろ忙しく疲れてる中、無理に運動する必要はないとは思いますが、やはりしないよりしたほうが血行に良いと言えます。

 

運動不足だからハゲるとかではなく、男性ホルモンの関係や遺伝でハゲやすい人が運動不足の場合、血行が悪くなるからよくないよってことです。

 

血行が悪い基準として簡単にわかる方法は、肩こりなど筋肉がよく凝る人は血行が悪い傾向があります。

 

対策は別ページでまとめています。

 

 

 

ハゲる原因は以上です。

 

だいたい男性ホルモン・遺伝・加齢に付随して生活習慣が関係してくる感じなので自分はどの原因にあてはまるのか?を把握すると対策しやすくなりますよ(^^)

はげの原因を網羅!【AGA・若ハゲになるのはなぜ?】記事一覧

薄毛と遺伝の関係をイメージした写真

親がハゲてる場合、子供もハゲる確率があがると僕は学びました。正確には、遺伝のハゲが受け継がれるのではなく、ハゲやすい体質が受け継がれるようです。どうゆうことかわかりやすく他の例えで書くと、、、太った親の子供は必ずしも太らないということです。親が太っていても子供はスリムってパターンもありますよね。もちろんその逆も。また、身長に例えると、親が小さいのに子がでかい。またその逆もあります。頭もこれらと同じ...

タバコを吸っている眼鏡のおじさん

いきなりですが、タバコを吸ってもハゲる人とハゲない人がいるので喫煙が必ずしもハゲるとは言えません。根拠は医学的なことを説明しなくても十分納得できます。なぜなら、、、僕のまわりにもヘビースモーカーでフサフサの人もいますし、あなたのまわりにもタバコを吸っている人が必ずしも全員ハゲているわけではないと思うからです。とは言え、タバコによる害でハゲる原因があることも確かです。タバコを吸ってハゲる原因は2つ。...

ストレスが溜まってイライラしているイメージ

ストレスではげる原因2つあります。精神的ストレス直射日光による頭皮へのダメージ(頭皮が受ける外的ストレス)やっぱり精神的ストレスはハゲるんだ。普段の生活で精神的ストレスがたまるとハゲやすくなります。また、円形脱毛症にもなりやすくなります。■精神的ストレスでハゲるメカニズム代謝が悪くなる。↓代謝が悪くなると筋肉が収縮する。↓筋肉が収縮すると血管が収縮する+血行が悪くなる。↓血行が悪くなると血液から毛...

睡眠をイメージした写真

■もくじ浅い眠りと深い眠りが決めてになる!単純に睡眠時間を長くしても薄毛は改善できない浅い眠りになる3つのパターン深い眠りにするコツ多忙で不眠の場合はダブルパンチでハゲる!本当は怖い不眠の恐ろしさ浅い眠りと深い眠りが決めてになる!まず髪の毛は寝てるときに成長します。でも「寝る」にも「2種類」あります。それは浅い眠りと深い眠り。聞いたことがあるかもしれませんがレム睡眠・ノンレム睡眠と言われているやつ...

脂ベトベト

なんで脂でハゲる?頭皮がすごくベタついているってことは、皮脂が過剰に分泌してる可能性があるんですね。過剰分泌した皮脂は毛穴などに詰まりますし、頭皮の表面にも必要以上に脂がついているってことになります。そして、頭皮に潜む常在菌のマラセチア真菌という菌がよってたかって皮脂をエサにします。すると頭皮が炎症を起こして、最終的に髪を根から腐らせてきます。髪の根が腐ると当然髪は育ちません。月日が経つごとに髪は...

ジューシーな肉

髪を生やすためには栄養が欠かせません。食事=栄養なので、食べ物と薄毛は大きく関係してきます。とは言え、食事が偏っている人でも髪がふさふさな人もいればハゲている人もいるので、食事だけが薄毛に関係するとは限らないんですけどね。→ハゲる原因の恐ろしいお話「なぜ俺達はハゲるのか?」ただ、遺伝やストレスを抱えている場合など、ハゲやすい条件を満たしている人やすでに薄毛が進行している人は食事に気を使ったほうがい...

ビタミン不足で抜け毛になる理由は毛乳頭に関係してきます。毛乳頭は髪を生やすために重要な細胞です。ビタミンは血液から毛乳頭に運ばれますが、毛乳頭にビタミンがしっかり届くと活性化するんですね。(わかりやすく言うと、植物に水を与えてるような感じ。)毛乳頭の活性化により毛母細胞が分裂して髪を生やしてくれます。逆にビタミン不足だと毛乳頭が活性化しないので、髪が生えてこなくなるというわけです。わかりやすく植物...

こんにちは、薄毛のカミオくんです。頭皮の皮脂が増える原因は2つあります。脂っこいものばかり食べている野菜を食べずに脂っこいものばかり食べると皮脂が分泌しやすくなると言われています。対策食事はバランスよく食べるのが一番いいのですが、カミオくんだったら「毎日毎日どうやってバランスよく食べたらいいんだよ」ととても困ります。よく色んなサイトで、野菜の種類と栄養のが摂れる単位が表で載っているものを見るけど、...

動物園で撮った猿の写真

こんにちは、薄毛のカミオくんです。毎日オナニーをしても必ずしもハゲてるってことはないです。男のリセット率は統計によると毎日もしくは3日以内です。つまり、オナニーでハゲるとしたらほぼ全員ハゲるってことになるので、オナニーでハゲになるとは言えません。とは言え、オナニーとハゲの因果関係はあります。オナニーとハゲの因果関係ジヒドロテストステロンって言葉を聞いたこがありますよね。まあカンタンに言うと、抜け毛...

冷たい水とコーラ

こんにちは、薄毛のカミオくんです。先日、ネットでハゲについて色々調べていたら冷たい飲み物はハゲるという話題がありました。僕はこのことを知らなく、「どうゆうことだ?」と疑問になったのでその根拠を何冊もの髪の専門書を見て調べました。そして答えらしいことが書かれていたのでここで僕なりに解釈してわかりやすく書いていきます。少し専門用語がでてきます。冷たいものはIGF-1が増加しにくい!育毛作用・血流促進さ...

帽子やヘルメットを被っても別にハゲるわけではないです。僕の場合、以前は工場勤務で週5、朝から晩まで帽子を被っていましたし、危険作業のときはヘルメットを着用していました。9年ほど勤めましたがハゲることなく退社しました。年をとるにつれてM字気味にはなりましたが、それと帽子の汗によるハゲとはさすがに関係ないと思います。汗による雑菌が頭皮に悪影響を与える長時間、帽子やヘルメットを被るって作業すると頭から確...

コーヒー

食後の一杯に家、職場などでコーヒーや紅茶を飲む機会がある人も多いと思います。コンビニでもその場でドリップされたコーヒーが売っているので外出時にも手軽に飲めますね。コーヒーや紅茶というとカフェインが豊富に含まれているというのをよく耳にします。その他コーラや緑茶にもカフェインが含まれていますが。で、結局カフェインは育毛や抜け毛に影響があるのかということですが、カフェインが多く含まれている飲み物は、飲み...

ビール

ビールやお酒などのアルコールは適量なら飲んでもOKで、アルコールの影響で髪が抜けるってことにはならないようですよ。その理由は、アルコールは血行が良くなったり、ストレス解消にもなるので適量を心掛ければ問題なし!ストレスの問題に関しては人それぞれだと思いますが。。。ちなみにストレスは抜け毛の原因にもなりますし、白髪の原因にもなると一般的に言われていますよね。まさにその通りなので、ストレス発散のためにも...

SG頭痛薬

頭痛薬を飲むと内臓機能が低下するとか胃腸がどうのこうのとか言って抜け毛の原因になる噂があり、頭痛薬を飲むのはできるだけ避けたほうがよいというサイトが多く存在する。確かに医学的には理に適っているかもしれない。でも痛いときに飲まないと、とんでもなく痛くなる。(僕の場合は痛くなる前に飲んじゃうけど)まずその辺の気持ちを理解してほしいというのが1つ。そしてここからが本題だが、、頭痛薬を飲みまくると本当に抜...

ヘアカラーで痛んだ髪

これに関しては人それぞれ差がでてくると思いますが、カラーリング剤と髪の関係で理屈では抜け毛の原因になるといわれています。まずカラーリング剤は髪の毛に浸透していくのが基本です。浸透させることによって色を変えていく役割を持ちます。これはどう意味を表すかというと、髪の毛の成分はタンパク質から作られているといわれています。そしてカラーリング剤は髪の浸透してタンパク質を抜いて色を変えているので、当然髪の毛の...

トップへ戻る