モンゴ流Deeper3Dに発毛効果はあるか?

Deeper3Dの効果はあるか?口コミから深く解析した!

発毛効果は産毛程度?!太くしっかり生えたか?

モンゴ流deeper3dは効果があるかないか噂している様子

 

 

M字・生え際が薄い人の証言

産毛がフワッと生えてきたというレビューが多かったです。
効果が出始めたのは約2ヶ月から半年くらい。

 

ただ、産毛から太くしっかりした髪の毛になる割合が
かなり低いような感じでした。

 

カミオくんの見解
口コミ投稿者のほとんどが、Deeper3Dを使って
1年未満だったので、じっくり攻めると太くしっかりした毛が
生えてくる期待はできるんじゃないかなって思いました。

 

もちろん効果がでない人もいるだろうけど。

 

 

頭頂部がツルツルの人の証言

意外にも地肌が目立たなくなったというレビューが多かった。
頭頂部に関しては産毛からしっかりと太い髪に育った人がほとんど。

 

カミオくんの見解
頭頂部のハゲで悩んでいた人の口コミ件数が少なかったので
なんとも言えないと思いましたが、生え際に比べて
効果がいい感じなのかなって思いました。

 

たぶんグロースファクター・再生医療の関係でしょうね。

 

円形脱毛症の人の証言

なんと円形脱毛症が完治したとの投稿があった。

 

カミオくんの見解
ちょっと信じがたい面もあったけど、
Deeper3Dは医療部外品ではないので
納得できるとこは納得かも。

 

ただ、円形脱毛症で悩む人の口コミ件数は少なかったので、
何とも言えない部分があります。

 

治療の期待はできるかもしれないですね。

 

頭皮があぶらでぐちゅぐちゅの人の証言

脂漏性脱毛症の人でしたが、頭皮のぐちゅぐちゅが抑制されて
産毛も生えてきたというレビューがありました。

 

カミオくんの見解
皮脂の過剰分泌の抑制はグリチルリチン酸2Kなどの成分が
しっかりと働きかけてその効果を発揮させているんでしょうね。

 

脂漏性皮膚炎の人にとっては助かる育毛剤かも?ってとこでしょうか。

 

 

喫煙者の証言

産毛は生えるがそれ以上はあんま実感なし。
太くしっかりまではいかなかったようです。

 

カミオくんの見解
これも投稿数が少なかったので
なんとも言えない部分はあると思いましたが、

 

タバコを吸うとビタミンが破壊されるので
あまりよくないですよね。

 

まあDeeper3Dにはそれを補うような感じで
シアノコバラミン(ビタミンB12)が使われているようだけど。。。

 

実質的な面で考えると、
よくも悪くもないってとこでしょうか。

 

 

ミノキシジルより効果はあった?

ミノキシジルが入っている育毛剤と比較した人の全員が
口を揃えて「効果があった!」と言っていましたよ。

 

それに副作用もなかったそうです。

 

カミオくんの見解
キャピキシルが実験でミノキシジルの3倍と実証されているので、
この口コミは「まあそうだよな」と納得しました。

 

 

総合的な目線で効果があるのかないのか?

抜け毛予防・産毛を生やすと言ったらDeeper3Dって感じだったので、
育毛効果はあるでしょう。

 

もちろん100人中100人全員が生えるとは到底思えませんが、
大半は生えたという投稿レビューでした。

 

ただ、太くしっかり生やすとなるとなんとも言えないし、
それなりに月日がかかる感じです。

 

あと、白髪が黒くなったという投稿もチラホラとありましたよ。

 

カミオくんの見解
投稿レビューの評価がすべて最高評価だったので、
少し怪しい部分はありましたが「いいか悪いか」で判断するならば、

 

再生医療・成長因子・キャピキシルといった
贅沢三昧な育毛剤なので、いい育毛剤とは思いました。

 

疑う部分もありましたが、

 

このまま何も対策しなくて確実にハゲるのを待つよりは、
早めに試しておく価値は十分にあると思いました。

 

モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D

 

みんながDeeper3Dとよく併用していたもの

 

ダーマローラー
ダーマローラー

 

これを使えば育毛効果がアップするという保証もなければ
公式サイトが推奨しているわけでもないのですが、
実際にモンゴ流Deeper3Dを使っている人達は
ダーマローラーと併用して発毛を目指している傾向がありました。

 

 

キャピキシル配合で最近注目されている育毛剤とは

キャピキシルで有名な育毛剤と言えば
スカルプ5.0Cもすごく注目されています。

 

成分は若干Deeper3Dに劣る部分がありますが
メディアで紹介されてネットでも高評価だし、
コスパ的には断然こっちのほうがいい。

 

スカルプ5.0C
キャピキシル配合のスカルプ5.0C

 

 

このページを見た人はこんなページも見ています。

 

 

トップへ戻る