ふけが出ない洗い方

フケが出る人必見!正しい頭皮の洗い方!<動画つき>

決戦!フケとの最終バトルに勝利せよ!

※最終更新日 2017/9/28

 

図でかんたんにわかる!頭の正しい洗い方。 制作:カミオくん

 

 

洗い方一つで、、、全然違った・・・

 

 

こんにちは、薄毛のカミオくんです。

 

 

このページに辿りついた人は、僕と同じく大量のフケで悩む人でしょう。

 

風呂から出て、髪が乾いたら洗面台に行って前髪を手でかき上げて生え際のフケをチェックすると。

 

 

 

 

「うっわ〜、なんだこれ!」
「すっげ〜フケがでとるやんけ!」

 

 

 

 

こんな感じで独り言を言いつつ、そのまま生え際を爪でガリガリする。
そして、洗面ボウルにフケを落としまくっていませんか?

 

その後、部屋に戻る。
しばらくして、ゴミ箱やノートにフケを落とす。
いや、半永久的に落とすと言ってもよいだろう。

 

その結果、

 

 

「うっわ!すっげーフケ!」ってなりませんか?

 

 

永遠と出るフケ。。。
でもなんか快感・・・w

 

これはこれでけっこう楽しいと思ってたのは僕だけかもしれない。

 

・・・

 

とにかくなんとかフケを出なくしたいですよね。

 

 

誰よりも気持ちがわかるので僕がなんとかさせます。

 

 

ここから本題ですが、ここでは正しいシャンプーの洗い方を書くので内容をしっかりと読んで、必ず実践してくださいね。

 

さすれば長きにわたってきたフケとの戦いに終止符がうてるはずです。

 

僕は第一次フケ大戦に見事勝利したので
今ここに「カミオのフケ兵法書」ですべてを記す。
 

 

A.C.2015 カミオくんの記録

 

※ただし全員に効果がある保証はないですよ※

 

 

 

 

お湯の設定温度を意識せよ!

 

 

  • お湯は35度〜38度に設定セヨ。(例 : 夏35度/冬38度)
  • 注意すべしは39℃以上のお湯で頭を洗うべからず。

 

 

熱いお湯で頭を洗うと、乾燥しやすくなります。
頭皮が乾燥した状態のときは、とフケが出やすくなりますよね。

 

また、熱いお湯の場合、頭皮にダメージをあたえるのでフケがでる原因になります。

 

 

僕の経験上、39度以上のお湯は避けるべしと判断しています。

 

39〜44度の順番で6日間実験した結果、
髪を乾かしたときにめちゃくちゃ乾燥してフケが出まくりだったから。

 

 

そして、最適なシャワーの温度は、夏は35度、冬は38度に設定してからフケがあまり出なくなりました。 ←これだけでも結構効果があった。

 

 

ただ、冬で38度のシャワーは少し寒さを感じています。

 

しかしそこは我慢して、寒くても38度を限度として「シャワー」で頭を洗ったほうがいいです。
(風邪ひかないようにしっかりと湯船に浸かってください。)

 

 

また、頭を洗い流すときは風呂桶を使うより、シャワーを使ったほうがフケが出ない。
理由は次の項目で書いてるけど、しっかり洗い流せるから。

 

 

シャワーを制する者はフケを制する!

 

 

  • 絶対にシャワーを使うべし!

 

 

■まず、風呂桶の場合から説明します。

 

湯船のお湯を桶にいれて頭にお湯をぶっかけても、全体を軽く流すだけになります。
つまり、「シャンプーカスが残る可能性がある」ってことですね。

 

 

■次にシャワーの場合。

 

シャワーだと頭の一個所一個所、丁寧に洗い流せます。
その結果、頭皮に残っているシャンプー液をしっかりと洗い流すことができます。

 

 

■カミオの失敗談

 

僕は以前、お湯代をケチって湯船のお湯を使って頭を洗い流していました。(ボンビーだからさww)

 

その結果、シャンプーが洗い流しきれてなく、フケが出まくりでした。

 

 

「フケの量がすっげーな!」

 

と、毎日洗面台の鏡に向かって独り言を言っていたほど。

 

 

ただでさえフケが出るのに、それに加えてシャンプーカスが加わると、フケの量がすごいのなんの。

 

シャンプーカス+乾燥+頭皮の皮で大量のフケだった。
湯船の温度は44度。

 

(こうやって書くと、シャワーと風呂桶を使い分ける理由がここにもありますね。)

 

しかし、シャワーを使ってしっかりすすいだらやっぱり違いましたよ(^^)/

 

 

髪を洗う前によくすすがない者に明日はない!

 

  • シャンプーをする前にしっかりと頭をすすぐベシ!

 

 

髪には、朝から夜までの間にほこりがつきます。
また、頭皮には汗・皮脂が付着しています。

 

これらの汚れを落とすために誰よりもすすぐべし!

 

 

もっと掘り下げて言うならば、、、

 

髪を少ししかすすがないということは、
「髪と頭皮があまり濡れてない状態」ですよね。

 

そんな状態でシャンプーをすると、
擦れた状態で頭を洗うことになりますよ。

 

 

結果、フケどころかハゲの原因にもなります。マジで。

 

 

これではフケが出ない洗い方以前の問題になります。。

 

 

それからシャンプーを洗い流すときもしっかりとすすがないとダメ。

 

髪を乾かしたあと、シャンプーのカスが吹き出てくるよ。特に生え際。
絶対に。

 

 

頭を洗い流すときは、「これでもかこんちくしょう!!!」ってくらいよくすすがないとフケが出ますよ!

 

 

シャンプーの液体は手で泡立ててから髪につけるベシ!

 

液体を手に取っていきなり「べちゃ〜っ」とつけてしまいがちな人は多いと思います。

 

僕もその一人でした。

 

頭皮の専門家によると、これだとシャンプーの効果が弱いらしい。

 

効果的な方法はシャンプーを手に取って
混ぜ混ぜして泡立てることです。

 

そうすることによりシャンプーの効果が高まると言われていますよ。

 

 

実際にやると、何か違うものがあるなって感じた。

 

また、「手にべちゃ〜」のときより、髪全体にシャンプーが馴染む感じがしたので
こっちのほうが効果的と思いました。

 

フケ対策には必須の戦術の1つです!

 

 

<秘訣>フケが出ない洗い方!

 

  • 優しくマッサージしながら洗うベシ!
  • 頭を洗う順番

 

 

■優しくマッサージしながら洗う!

 

頭を洗うときは指の第一関節の腹で下から上に向かって汚れを絞りだすような感じで洗ってね。

 

間違っても爪を立ててシャカシャカしては、だ・め・よ♪
頭皮が傷つくからよくないわ。

 

コツはマッサージするような感じと思えばいいですよ。

 

 

このやり方だと5つのメリットがあります。

 

  1. 汚れが落ちやすくなる
  2. 頭皮に成分が浸透しやすくなる
  3. 血行促進につながる
  4. 頭皮に優しいからフケ対策になる
  5. ハゲ対策にもなる

 

結果、見た目が良い印象になる。

 

 

■洗う順番

 

  1. 耳の上から頭のてっぺんに向かって洗う
  2. 前髪の生え際から頭のてっぺんに向かって洗う
  3. 襟足からつむじにかけて洗う

 

 

 

 

 

僕は順番通りやらなくても問題なかったけど、
正しいシャンプーの洗い方はこの順番になりますよ。

 

 

シャワーは人の倍はすすぐべし

 

  • シャンプー後は「これでもか!」ってくらい頭を洗い流す。

 

 

上のほうの項目でもチラッと書いたけど、マジで重要だからもう一回書いておくぞい。

 

シャンプーは本当にしっかりと洗い流さないと、シャンプーのカスなどが残ってフケ・かゆみの原因になります。

 

 

髪が長い人で5分はすすがないといけないって言われているほどですからね。
短髪の人は3分くらいが目安。

 

 

でも、すすいでいる時に時間なんて見れないし、タイマーを測るのもだるいと思います。

 

その場合、自分で「これくらいなら大丈夫だろ」ってところから、さらに「これくらいだろっ!」ってくらいが丁度いいと思います。

 

 

でも実際に毎日やると、かなりめんどくさいです。

 

しかし、よくすすいだ日とあまりすすがなかった日のフケの量を比較するとやっぱり全然違いましたよ。

 

これはフケの原因の肝になると思うので、
めんどくさくても本当によくすすいでください。

 

(女と遊ぶときに肩に雪が積もったら終わりだよ〜。)

 

 

■ドライヤーについて。

 

ドライヤーと頭との距離はなるべく離す。

 

それから、髪をガンガンに乾かすと、頭皮の乾燥の原因になるから、
ある程度で済ませるとフケ対策になるよ(^^)/

 

若干しっとりしてるくらいが丁度いいかな。

 

■タオルで頭をふくとき。

 

これは最近僕が発見したことだが、タオルで頭をふくときは軽く。

 

軽くというのは「力加減を軽くする」ということだ。そう、女を触るときのようにwww

 

力の強い男性諸君はついつい力が入ってしまうでござるからな。

 

 

そして、タオルが頭皮になるべく触れないようにして、髪の毛だけを拭くように意識しよう。
※頭皮をゴシゴシしないこと。間違っても息子をシゴクときの強さではいけないww

 

そうすることによりタオルと頭皮の摩擦がなくなるからフケ対策にもなる。

 

 

相乗効果でフケを撲滅させよう!

 

ここまで書いたフケ兵法書を全部実践すれば、
おおよそフケが改善できるはずです。

 

なので、フケ兵法書をとりあえず何日が試すのもありかと思います。

 

 

しかしそれでもフケが出る場合は、
頭を洗ってもフケがでる原因と対策※僕が治った方法※で書いたことを合わせて実行しするといいかもしれません。

 

 

もちろん全員に必ず効果がでるとも言い切れません。

 

しかし、フケを治すヒントは見つかるかもしれません。
巷にあふれている、論だけのうんちく情報よりは自信があります。

 

どうかあなたのフケが出なくなりますように。

 

カミオくんより。

 

 

実際にフケに効いたシャンプー

 

コラージュフルフルネクストシャンプー
コラージュフルフルネクストシャンプーは今もフケ対策に役に立っています(^^)

 

コラージュフルフルネクストシャンプーの詳細

コラージュフルフルネクストシャンプーの体験談

 

 

トップへ戻る